ぱん子のブログ

がんばりすぎない、ゆるっとしたブログ

【家事】お金をかけてもいいから心の負担を減らしたい

今年の8月に新しい家に引っ越した時、これからは固定費が高くなるから頑張って節約しないといけないと気合をいれすぎて、いかに食費を安く済ませるかを考えていました。

日々の食事も冷凍食品とか出来あいのものは高くなるからと、すべて作っていました。

でも11月の下旬位から毎日バランスとか食費のことを考えて食事をするのがかなり負担になってきて、もともと好きじゃなかった料理が余計に嫌いになっていきました。

そこで思い切って毎日の食事の準備に改革を起こしてみました。

(改革と言えるほど大きな変化はないです・・・・・)

 

■改革その①■

平日のお弁当にカップラーメンとおにぎりの日導入🍙

5日間2人分のお弁当作りは私の中では結構な負担です。夕食×2、お弁当×2で4回食事を作っている感覚になり、「お金に余裕があったら毎日外食したいよ~😢」なんて思いながら準備しています・・・

そこで夫に相談し、平日5日間のうち1~2日間、カップラーメン&おにぎりDayを設けることにしました。

 

■改革その②■

☆パスタソースはチンするやつ

☆週に1回メインを冷食

☆カレーの作り置きフル回転

 

パスタを作るときのソースも手作りしていたのですが、今や100円前後でおいしいソースが買えるので作るのをやめました。

あと週に1回メインに冷食をしました。例えばあじのもとの餃子は12個入って約200円ですが、水も油も不要で袋から出して5分蒸し焼きにすればOK!

味もとっても美味しかったです♪

カレーやシチューも毎週つくようにしています。ルーを1箱全部使えば8杯分くらい作り置きができるので、平日の夕食にしたりお弁当として持っていくこともできます。

 

■改革その③■

もずく、納豆、豆腐をフル回転

メインと副菜2品を毎日作っていた習慣も、無理をして毎日作るのをやめました。

その代わりに、もずく、納豆、納豆を常にストックしておいて副菜として出しています。

 

冷凍食品・出来合いもの・カップラーメンなどを買うことで、1回にかかる買い物の値段は高くなりますが、その分夕食やお弁当に費やす時間を減らすことができ、ほかの家事も早めに取り掛かれるようになりました。

その結果、家事を終えてから自分の時間を持つ余裕もできてたので、以前に比べて毎日疲れなくなった気がします。

 

我が家は以前のブログに書いた通り固定費が高いの節約もしていかなければいけないのですが、節約に意識を向けすぎて自分の心に余裕がなくなってしまうのは本末転倒なので、これからも自炊と冷凍食品などの出来合いもの上手く使っていきながら心に負担をかけすぎないことを心掛けていきたいと思います。