ぱん子のブログ

がんばりすぎない、ゆるっとしたブログ

恋活と婚活 後編

地域のとある社会人の集まりには、色々な人がいました。

女性・男性、年上・年下、結婚している人、学生さん

 

その集まりでいろんな人と接するうちに1つ気づいたことがありました。

それは実は男性慣れしていないんじゃないかということです。

これに気づいたのは集まりに来ている若い友人達(男性)に言われたことがきっかけでした。
その友人達は声をそろえて「第一印象怖かった」と私に言ったのです。

言われた時は結構ショックだったのですが、改めて考えてみると「怖い」と言われた理

由が男性慣れしていないことが原因かもと思うようになりました。

 

考えてみると学生時代から異性の友達と呼べる人がまったくおらず、会社での交流はあ

るものの、一定の距離を置いた付き合い方しかしてこなかったように思います。

その為、集まりに参加していた最初の方は周りの男性との接し方が会社の人とのそれと

同じような距離を置いた接し方になってしまい、怖いという印象を持たれたのかもしれ

ません。

しかしその集まりで様々世代の人と定期的に関わるようになり、性別年齢関係なく友人

と呼べる人がたくさんできました。

 

その頃から徐々に恋活にも意欲がわき始め、30歳に突入していた当時は主戦場を合コン

からアプリ・婚活パーティ(一人参加)に変わっていきました。

そして初めて「モテ」を実感するようになります。

婚活パーティやアプリで知り合った人と良い感じになることが増えて(付き合うまでに

は至ってない)、その時に「明るいし話しやすくていいな」と思ったといわれるようになりました。

「怖い」「話しかけずらい」とは何度も言われたことがあっても「話しかけやすい」な

んて生まれて初めてかけられた言葉だったので衝撃的に嬉しかったです!


そして2018年に夫に出会い、付き合って結婚、今に至るというわけです。

 

人に対して壁を作らず話すことは、特に初対面だと難しく感じると思います。

でもその壁を10年かけて乗り越えたことで(←長っ!)、新しい出会いもあり、人間関係の幅も広がり、楽しいと思える瞬間が若い頃に比べて格段に増えていきました。

今後出会いの場で発揮することはありませんが、新しい人間関係を作る場では発揮していければいいなと思っています。

おわり