ぱん子のブログ

がんばりすぎない、ゆるっとしたブログ

キャッシュレス決済の基本をおさえる! メリットと気を付けたほうがいいことをまとめてみた♪

みなさんお店に行って支払いをするときは現金派ですか?キャッシュレス派ですか?

ちなみに私はキャッシュレスにあこがれている現金派です(;'∀')

 

そこで今日はちまたにあふれているキャッシュレス決済のあれこれを比較してキャッシュレス決済の良さと気を付けたほうがいいことをまとめていきたいと思います💳

 

■キャッシュレス決済とは■

そもそもキャッシュレス決済とは何なのかという疑問がある人もいると思いますが、

読んで字のごとく現金を使わずに支払いをすることです。

クレジットカード、QR/バーコード決済、電子マネー、ポイント払い などなどがそれにあたります。

 

■キャッシュレス決済の良いところ■

①決済が簡単で早い

スマホ決済とだと店員さんに金額を言われて決済完了まで1~2秒で終わります。

583円とか156円とか、細かい金額でもあっという間です。

 

②ポイント還元がある

PayPay、楽天ペイ、d払いなどのスマホでできる決済は0.5%~3%(条件あり)ポイントが還元されます。

例)PayPayは通常の買い物で+0.5%、キャンページにはそれに加えて0.5~1%還元率が高くなります。

通常期:1000円PayPayで支払う→5円還元(+0.5%)

キャンペーン期:1000円PayPayで支払う→15円還元(最大+1.5%)

1回の支払いだけで見ると少額の還元ですが、キャッシュレスで支払う額が多くなるほどポイント還元が高くなり、実質現金よりも安く買い物ができます。

 

スマホ決済だけではなく電子マネー支払いにもいポイント還元はあります。

私が使っている電子マネーはチャージでポイントが還元されたり、公共交通機関の料金を電子マネーで支払うとポイントが還元される仕組みもあります。

※詳しくはまた別のブログで紹介していく予定です

 

③お金の流れが見える

現金での買い物でもレシートを管理できれば1か月にいくら使ったかをみることはできますが、レシートが溜まってしまうし、面倒くさい部分もあります。

しかしキャッシュレスにするとデータに残るのでレシートを残さなくても1か月にいくら使ったかを管理しやすくなります。

 

💡気を付けること💡

そんな便利なキャッシュレス決済ですが気を付けたほうがいいこともあります。

 

①お金を使っている感覚がない

特にクレジットカード払いだと後から請求がくるので、その場でお金を払っている感覚が薄くなることもあります。

使いすぎて後々請求額をみてびっくりということがないように、お金を使っているという感覚をしっかりと持つ必要があります。

 

②キャッシュレス決済に対応していない店もある

かなり浸透はしていますが、まだまだ対応していない店もあります。

その為すべてをキャッシュレスにするのではなく、ある程度現金を持っていたほうがいいです。

 

③1度チャージすると現金化できない

電子マネースマホ決済で一度チャージするとそれを現金に戻すことができません。

上で述べたようにまだ現金のみのお店もありますので、一度に多くの現金をチャージするのは避けたほうがいいでしょう。

 

■不安を解消する方法■

これらのキャッシュレス決済に対する不安を解消できる方法を考えてみました。

 

⑴クレジットカードは固定費の支払いに使う

⑵チャージする金額を毎月定額にする

 

⑴→毎月支払うものが決まっているもの、携帯代・光熱費などをクレジットカード払いにすることで毎月クレジットカード払いがいくらあるのか分かりやすくなりますし、ポイント還元があるクレジットカードだと毎月コンスタントにポイントも貯めることができます。

 

⑵→おこづかいや生活費の中でチャージする金額を決めておくことで現金と分けておくことができます。

また、定額をチャージしてすべて現金だったものを一部キャッシュレスにすることでその分のポイント還元を受けることができます。

 

私自身も現金を使っている感覚がなくなるのではないかという不安があり、憧れてはいますがなかなかキャッシュレスにふみきれずにいましたが、キャッシュレスの良いところをうまく活用してお得に買い物をしていきたいと思います。

 

次回から少し時間をかけて様々なキャッシュレス決済のあれかれをお伝えしていきたいと思います。

お楽しみに♪