ぱん子のブログ

がんばりすぎない、ゆるっとしたブログ

【派遣の仕事】応募から採用までの流れ

本日は派遣の仕事が決まるまでの流れを紹介していきたいと思います。

 

その① 求人探す

派遣会社に登録していればその派遣会社の求人情報内から応募することができます。

登録していない場合はそのままだと応募できないので、まず登録しましょう!

 

◎おすすめのサイト◎

エン派遣→いろいろな派遣会社の求人情報が載っています。

そのサイトから登録していない派遣会社の求人に応募すると派遣会社から連絡が入り、登録する流れになります。

 

その② 派遣会社から連絡がくる

応募すると派遣会社から連絡がきます。

ただエン派遣や派遣会社の特定の求人に応募したとしても、その求人でそのまま面談に進むことはあまりない印象です。

たいていの場合、現在の就業状況、いつから働けるのか、希望条件などを聞いてその時は終わりのパターンが多いです。

 

その③ 派遣会社から求人の紹介がくる

その後派遣会社から「こんな仕事ありますけどどうですか?」という電話がくるようになります。

わたしのこれまでの経験だと、自分で求人サイトをみて応募するより、このタイミングで派遣会社から紹介された仕事に応募する方が面談に進む確率が高いです。

 

✅チェックポイント✅

◎派遣会社の人は紹介するときに求人が出ている会社の名前を言いませんが、気になる場合は聞けば教えてくれます。(企業名が非公開の場合もあります)

 

◎派遣会社からの紹介の時には、その仕事の時給や、会社の場所、就業時間、配属される部署の人数や、仕事内容の説明をします。

説明で気になることがあればどんどん聞いてもらっていいと思います!

 

◎あくまで私の個人的意見ですが、求人の経緯も聞けたら聞いておくといいと思います。

以前とある派遣会社から仕事を紹介されたとき、とてもいい条件だったので選考に進もうかと思ったのですが、求人の経緯をきいたら「前の人が2週間でやめた」ことが理由でした。

同じ部署内に少々性格がきつい方がいて、その方と合わなかったようです😢

一概には言えませんが、人間関係が原因で人出不足になっている場合もあるので参考までに聞いておくといいかなと思います。

 

その④ 面談に進む

派遣会社から紹介された仕事に応募すると派遣会社内での選考に入ります。

応募者の中から面談に進ませる登録スタッフを選ぶ感じですね。

社内選考が通ったらいよいよ面談です。

 

💡注意点💡

面談の日程は当然ながら就業先の会社の予定に合わせることになるので、就業しながら転職活動をする場合は仕事を休んだり、早退したり調整をする必要がでてきます。

どうしてもの予定がある場合は仕方ないですが、極力先方の希望日程に合わせた方がよいでしょう★

 

その⑤ 面談をする

面談時間の10分前くらいにまず派遣会社の営業担当と顔合わせをします。

この時間は面談の流れと職務経歴の確認をすることが多いです。

また応募者が気になっていることとか、先方に確認したいことを伝えると面談で営業担当から確認してくれます。

もし面談前に聞きたいことがあったら顔合わせのときに聞いておくとよいでしょう♪

 

その⑥ 面談終了後

面談後は営業担当からこの会社で就業したいかどうかの気持ち確認を必ずしてきます!

その場ですぐ応えらるのであれば応えてOKですが、迷いがある場合は素直に伝えましょう!

 

💡注意点💡

ただ就業希望かどうかの回答はあまり長くは引き延ばせません。

あくまで予想ですが、派遣会社側はさきにこちらから就業希望であると伝えて先方の回答を待ちたいのだと思います。(予想ですが)

その為、あまり長い期間返事を保留にしていると就業先からも「じゃ他の派遣会社の方で」となってしまうため、早い判断が必要です。

保留期間は長くて2日😢 面談翌日にはどうするか返事をした方がいいです!

 

迷いがあるとなかなか決断も難しいですが、良くも悪くも派遣は3か月更新なので、働いてみてどうしても合わないのであれば更新を希望しなれければいいだけ、と思って気楽にいけばいいかなと思います。(←こんなこと言っていいのか)

 

その⑦ 就業開始!

先方から採用連絡がきたら、あとは就業の時をまつだけです。

即日勤務開始のところだと求人に応募してから1週間くらいで仕事が決まって働き始めることもあり、なかなかスピーディに展開していくので、バタバタはしますが、一般派遣だと書類の準備もいらないですし、早く仕事が決まるのは派遣のいいところでもあります。

 

今回の流れは一般派遣の流れになるので、紹介予定派遣や無期雇用派遣の場合は応募から採用までの流れは少し違ってきます。

またご紹介していきますね♪